10月10日は目の愛護デー

10月10日は目の愛護デーです。本日は眼にまつわるお話です。

10月10日は目の愛護デーですが、これは「10 10」を横に倒すと眉と目の形になることからだそうです。

現在、日本人の失明の3大原因は「緑内障」「糖尿病性網膜症」「黄斑変性症」と言われています。

これらの病気でお悩みの方に大阪市平野区にある谷口眼科院長の長谷川治彦(はせがわはるひこ)先生は、西洋医学的な眼科治療に加えて「タンポポ」と「松節」エキスの併用を推奨されています。

【長谷川治彦先生の経歴】
1984年 愛知医科大学医学部卒業。
翌年、関西医科大学第2生理学教室入局の後、京都府立医大眼科教室研修員を経て、1991年 谷口眼科院長に就任。

当店ではタンポポは「ショウキT-1」と松節は「松康泉 (しょうこうせん)」をおすすめしております。

また、緑内障で眼圧が高い方には「気上錠(きじょうじょう)」、眼底出血を起こしている方には三田七人参(三七人参)も効果的で、失明状態からの奇跡の回復したお客様もおられます。

眼の症状でお悩みの方は大丸薬局にご相談ください。

大丸薬局のHPはこちら
相談のご予約はこちら