皮膚トラブルに華岡青洲考案の薬!冬の乾燥・かゆみに漢方の軟膏がオススメ【タウンニュース神奈川区版2022年12月15日号】

皮膚トラブルに華岡青洲考案の薬!冬の乾燥・かゆみに漢方の軟膏がオススメ【タウンニュース神奈川区版2022年12月15日号】

冬の乾燥・かゆみには漢方の軟膏(赤色ワグラス軟膏・チェリメントAG軟膏)がオススメ!

肌の乾燥が気になる冬。この時期、反町駅近くで主に漢方を扱う大丸薬局では漢方の塗り薬の使用を勧めている。

同薬局では、剤盛堂薬品(ホノミ漢方)が販売している赤色ワグラス軟膏(紫雲膏 しうんこう)
チェリメントAG軟膏の2つを用意。

生薬配合で長期使用も安心、安全性も高い外用薬

赤色ワグラス軟膏は、紫根(しこん)と当帰(とうき)の生薬抽出エキスを配合しており、
傷ついた皮膚を再生させる作用がある。

傷、やけど、しもやけ、ひび、あかぎれ、痔、湿疹、手荒れ、アトピー性皮膚炎などに効果があり、
口に入っても大丈夫なので唇の荒れにも使用できるという。

江戸時代の医師・華岡青州が考案した歴史ある薬でもある。

また、赤色ワグラス軟膏の成分に加え、かゆみにも対応した薬がチェリメントAG軟膏

どちらもステロイド軟膏と異なり、1日何回でも使用できる点も特徴だ。

同薬局の大野薬剤師は「『皮膚は内臓の鏡』という言葉があるように、長引く皮膚の病気は内臓の異常と
関連がある
と考えられます。オススメの軟膏の使用とあわせて、一緒に食生活も見直していきましょう」と話す。


【タウンニュース神奈川区版2022年12月15日号】

タウンニュース神奈川区版記事一覧

【2023年12月7日号】忘新年会シーズン到来!肝臓の不安には漢方薬「ジヨッキ」の服用を
【2023年2月23日号】花粉飛散量は過去10年間で最多予想!即効性のある漢方「ホノビエン錠deux」で対策
【2022年11月24日号】「くすりに頼らず毎日スッキリ」 慢性的な便秘の根本解決法のカギはイサゴール
【2022年6月23日号】睡眠の質向上に牡蠣の力!ワタナベオイスター(DHMBA・ディーバ)がオススメ
【2022年12月15日号】皮膚トラブルに華岡青洲考案の薬!冬の乾燥・かゆみに漢方の軟膏がオススメ
【2022年3月3日号】「くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」改善へ「ホノビエン錠」「気上錠」「ホノミビスキン」で『花粉症』対策!
【2022年2月10日号】花粉症「辛くなる」ピークを前に「ホノビエン錠」で早めの対策を!
【2021年7月22日号】血流や栄養状態など分析ーよりよい漢方相談へ
【2021年9月30日号】解熱・抗ウイルスなどに「牛黄(ごおう)」ー老若男女が服用可能な常備薬
【2021年2月25日号】漢方の鼻炎薬で『花粉症』を体質改善「ホノビエン錠deux(剤盛堂薬品・ホノミ漢方)」
【2018年12月20日号】「田七人参(三七人参)」で血液を元気に!
【2020年6月18日号】治りにくい「爪水虫」には漢方生薬「アンカビンミック(剤盛堂薬品・ホノミ漢方)」
【2020年9月24日号】歯周病菌を抗菌する化膿止め漢方薬 ワグラスD錠(剤盛堂薬品・ホノミ漢方)
【2020年4月30日号】ウイルスから身体を守る方法は免疫力のアップ
【2020年2月20日号】飲むほどに「花粉症」を体質改善「ホノビエン錠deux(剤盛堂薬品・ホノミ漢方)」
【2019年1月31日号】今年こそ花粉症対策「ホノビエン錠deux(剤盛堂薬品・ホノミ漢方)」
【2018年11月22日号】妊娠力アップの秘訣は「婦人宝」で温活
【2017年9月7日号】「妊活応援子宝セミナーin横浜2017年9月」参加者募集中

【不妊相談は漢方薬局でも受付中!】体質改善で「45歳妊娠」もかなう!

大丸薬局/漢方で妊活をサポート―横浜で子宝相談・漢方相談ができる薬局―

☎045-312-2248
24時間WEB予約受付中
東急東横線・反町駅そば(横浜市神奈川区上反町2-16-14)
日曜・祝日休み/月曜~金曜10時~19時・土曜10時~18時

LINE会員限定のお得なクーポンをはじめ、当店の最新情報をお届けいたします!
下記の友だち追加ボタンからご登録下さい。
友だち追加

95 views

「くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」改善へ「ホノビエン錠」「気上錠」「ホノミビスキン」で『花粉症』対策!【タウンニュース神奈川区版2022年3月3日号】

「くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」改善へ「ホノビエン錠」「気上錠」「ホノミビスキン」で『花粉症』対策!【タウンニュース神奈川区版2022年3月3日号】

「くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ」改善へ漢方での『花粉症』対策を

229 views