不妊治療は高額な治療費がかかり、健康保険適用外として自己負担になる場合もあるため、金銭的負担が大きいものです。

「お金がかかるから…」と諦める前に、住んでいる地域の「不妊治療費助成」を使って、少しでも家計の負担を減らしながら妊活しましょう

ここでは横浜市の「特定不妊治療費助成」を例に、得られる助成金額や受けるための条件、助成金の申請期限・方法、新型コロナウイルス感染拡大を受けての変更点などをご紹介します。

13 views